こんにちは、ほけんぷらざ泉が丘、FPの岡田です。

緊急事態宣言も出され、在宅で過ごすことが多くなっています。

個人的には、
こんなときこそ、保険の見直しなど、
身の回りの片づけ、整理整頓をやっていくとよいかなと思ってます。

コロナの影響で、
僕の周りの人でも、予約のキャンセルなどで、売上が減少して、
かなり困っているという話も聞いています。

今回は、こんなときに使える、融資や給付金について取り上げます。

参考情報:新型コロナウイルス感染症関連|経済産業省
支援策パンフレット

・無利子、無担保融資

対象となるのは、
新型コロナウイルスの影響を受け、
売り上げが5%以上減少した方。

実質的に無利子、無担保でお金を借りることができます。

借入上限は、中小企業3億円、フリーランス6,000万円。

据置期間が、5年間となっているので、5年間は利子がつかないまま、
返済を遅らせることが可能です。

・持続化給付金

対象は、売上が50%以上の減少した事業者。

給付上限は、中小企業200万、フリーランス100万円。

・個人向け緊急小口資金等の特例

対象は、収入の減少があり、生計維持のための貸付を必要とする世帯。

貸付上限は、
休業者向けの「緊急小口資金」20万円。
失業者向けの「総合支援資金」は20万円×3か月で60万円。
併用することで、最大80万円。

貸付なので、返済する必要がありますが、
今回の特例では、
償還時に、なお所得の減少が続く住民税非課税世帯の「償還を免除」することができます。


終わりに

助成金や給付金は、
「申請が面倒くさい」
「そんなのに頼りたくない」
と思う人も多いと思いますが、

一般に公開されている情報で、
誰もが使える制度なので、
使わないのはもったいないです。

使えそうなものがある方は、
ぜひ使っていきましょう。

============================

ご来店での保険無料相談も受付中です。

ご予約は、
こちらよりお願いします。