こんにちは、FPの岡田です。

今回は、10月から始まった、
幼児教育無償化のポイントについてまとめます。


内容

2019年10月から、
幼稚園、保育所、認定こども園などの利用料について、
3歳から5歳児クラスまでの利用料が無償になります。

住民税非課税世帯は0歳から2歳児クラスも
利用料が無料になります。


無償化の概要

3~5歳児 原則、全世帯
0~2歳児 住民税非課税世帯のみ(上限月4万2000円)

幼稚園 無料
認可保育所、認定こども園 無料
認可外保育所 月学 37,000円まで
幼稚園の預かり保育 月学11,300円まで

認可外保育所、幼稚園の預かり保育を利用する場合には、
「保育の必要性がある」という認定を受ける必要があります。
保育の必要性は、
両親が働いている証明書などを
提出することで認定を受けられます。

通園送迎費、食材料費、行事費等は
保護者負担になります。

ただし、食材料費については、
年収360万円未満相当世帯や第3子以降の子供は
副食(おかず・おやつ等)の費用が免除になります。


届出先

子ども・子育て支援新制度の対象施設
(幼稚園、認可保育所、認定こども園)などの場合は手続きなし

子ども・子育て支援新制度未以降の幼稚園、
幼稚園の預かり保育の場合は、
幼稚園経由で市区町村に申請

認可外保育所は直接、市区町村に申請


おわりに

この制度により、
幼稚園3年分が全世帯で無償になりました。

3年間で最大約133万円の得です。

浮いた金額は、
習い事や幼児教室など
子どものために使うというのもありますが、
高校、大学の費用のために計画的に
貯蓄もしていきたいところです。

貯蓄性のある保険や
つみたてNISAなどで、
貯金できる仕組みを作っていきましょう。

「まだ始めていない」
「始め方が分からない」
といった方は
ぜひ当店でご相談ください。

============================

ご来店での保険無料相談も受付中です。

ご予約は、
こちらよりお願いします。