こんにちは、ほけんぷらざ泉ヶ丘・FPの岡田です。

「毎月、積立して貯金を始めたい」
「お金を貯める仕組みを作りたい」

というときに
今ある制度として
「iDeCo(イデコ)」「NISA(ニーサ)」「積立の保険」が挙げられます。

それぞれの制度の比較、
メリット・デメリットを確認していきましょう。

iDeCo、つみたてNISA、一般NISAの違い

iDeCo(イデコ )とは、「個人型確定拠出年金」のことで、
国の年金制度の上乗せとして、自分で積み立てていく年金のことです。

NISA(ニーサ)とは、「少額投資非課税制度」のことで、
「一定の条件を満たせば、投資で出た利益が非課税になる」
といった制度です。
2014年からスタートした制度であり、
2018年より「つみたてNISA」という制度もスタートし、
より使える幅が広がっています。

iDeCoは、掛け金が全額所得控除になり、
節税効果が大きいですが、
一度始めると、60歳まで引き出しができず、
口座開設と維持に、それぞれ手数料がかかります。
(金融機関によって、手数料も異なります)
月額は最低5,000円からつみたて可能です。

つみたてNISAは、
月額100円からでも積み立て可能で、
口座管理・維持費も無料、
いつでも引き出し可能なので、
誰でも始めやすい制度になっています。

一般NISAは、
投資限度額が年間120万円と大きいですが、
非課税期間が5年間しかなく、
長期の積み立てには、使いづらい制度です。

積立の保険で貯金する場合

一方、
生命保険で貯金する場合は、
・終身保険
・学資保険
・個人年金保険

などがあります。

保険のメリットは、
・万一の時、保障が得られること
・国債での運用が中心なので安定的なこと
・生命保険料控除、個人年金保険料控除が使えること

デメリットは、
・途中解約した場合、解約控除がかかる
・期待できるリターンが低め

といったことが挙げられます。

使い分け、併用方法

iDeCo、NISA、積立の保険には、
それぞれメリット、デメリットがあります。

どれが自分に合うのか、考えた上で判断すると良いでしょう。

可能であれば、どれかひとつだけを利用するのではなく、
目的に合わせて使い分けていきましょう。