こんにちは、ほけんぷらざ泉ヶ丘・FPの岡田です。

最近、iDeCoつみたてNISAなどでも、
さらに活用の機会が増えている投資信託

ですが、
日本で購入できる投資信託は6000種類以上あり、
(つみたてNISAで購入できるものでも150本以上)
そんなに種類があると、
何を購入したらいいのか訳が分からなくなりますよね。

今回は、投資信託選びのポイントについて話します。

投資信託とは

投資信託は、ファンドマネージャーと呼ばれる専門家が、
投資家から集めたお金をまとめて運用する仕組みのことをいいます。

投資信託のメリットは、
小額から始めることができること(500円から購入可能)、
幅広い銘柄に分散投資できること
挙げられます。

購入時にかかるコスト

投資信託のデメリットは、
購入時や保有している間に、
手数料が取られることです。

「販売手数料」「信託報酬」
という大きく2つのコストがかかります。

「販売手数料」は、購入時にかかるコストです。
高いものは約3%、
販売手数料がかからないものもあり、
「ノーロードファンド」と呼ばれています。

「信託報酬」は、
保有している間にずっとかかるコストです。
商品によって、年3%~0.1%ほどに設定されています。

インデックスファンドとアクティブファンド

投資信託は、運用方法の違いで
大きく2つに分けることができます。

「インデックスファンド」「アクティブファンド」
の2種類があります。

「インデックスファンド」とは、
日経平均やTOPIXなどの
インデックス(指標)と同じ動きをするように
作られた投資信託のことです。

「アクティブファンド」とは、
銘柄を選んで積極的に運用を行い、
市場平均よりも高い運用成果を得ようとする
投資信託のことです。

代表的なインデックスファンド・アクティブファンド

インデックスファンド・アクティブファンドの例としては
以下のようなものがあります。

インデックスファンド

●ニッセイ日経225インデックスファンド
販売手数料 なし、信託報酬0.27%
日本の株式市場(日経225)の値動きに連動する投資成果をめざすインデックスファンド。

●eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
販売手数料 なし、信託報酬0.1728%
米国株の代表指数であるS&P500指数に連動することをめざすインデックスファンド。

●eMAXIS Slim 全世界株式
販売手数料 なし、信託報酬0.15336%
世界株式市場連動インデックスファンド。
日本を含む先進国ならびに新興国の株式に投資。MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスに連動する投資成果をめざす。

アクティブファンド

●ひふみプラス
販売手数料 なし、信託報酬1.0584%
アクティブファンドの中では、信託報酬が安く、販売手数料もかからず、
人気が高いファンド。

インデックスファンドがおすすめ

投資信託選びで、
何から購入すればいいか分からないという場合は、
アクティブファンドよりも
インデックスファンドを選んで
スタートすることを勧めます。

理由としては2つあります。

1つ目は、
コスト面です。

アクティブファンドは、
販売手数料、信託報酬が高めに設定されていて、
インデックスファンドの2倍以上かかる場合が多いです。

仮に手数料が1%違うと
10年間では、
10%の違いが生まれてきます。
運用を長期的に考えるほど、
コスト面の差が大きくなってきます。

2つ目は、
パフォーマンス面で、
過去の例で見ると、
アクティブファンドで、インデックスファンドを
上回る運用ができたのは半数程度しかないということです。

もちろんアクティブファンドで、
高パフォーマンスを続けているものもありますが、
それが今後、2年、3年と続いていくのは、
あまり期待できないと考えます。

投資信託選びで注意したいことに、
銀行や証券会社の窓口で勧められる商品は、
コストが高すぎる傾向があります。

投資信託選びで
失敗しないために、
コストの面にも注意して選んでいきましょう。