こんにちは、ほけんぷらざ泉ヶ丘、FPの岡田です。

今日は、 「バビロンの大富豪」という本を紹介します。

「バビロンの大富豪」は、
蓄財や投資に関する教訓を
ストーリー形式で伝えているもので、
約100年前に発刊されてから、
全世界で1000万部を越す大ベストセラーであり、
今でも多くの人が推薦するロングセラーなビジネス書となっています。


お金持ちになるための原則

「バビロンの大富豪」では、
お金持ちになるための原則は、
3000年以上前に栄えた古代バビロニア時代から、
今も変わっていないと言っています。

本書で伝える 3000年以上変わらない
お金持ちになるための原則とは・・
何かというと
・・・
・・・
・・・
「収入の1割は、必ず貯金に回すこと」
です。

「当たり前じゃん」
「それができたら誰も苦労しない」
と思うと思います。

ですが、支出というのは、
いつのまにか、
収入と同じくらいに拡大してしまうものです。

例えば、
宝くじが当たった人も
お金が入ると知らず知らず生活レベルを上げてしまい、
70%は短期的に破産するといいます。

ですので、バビロンの大富豪では、
まず先に、収入の中から、
一部を貯金としてとっておき、
残ったお金で生活することが大切
だと説明しています。

本書で説明する 「5つの黄金法則」は以下の通りになっています。

一、 将来の資産と家族の財産を築くため、最低でも収入の十分の一を貯めるならば、黄金は自ら進んで、しかもだんだんとその量を増やしながらやってくるだろう。

二、 貯まった黄金がさらなる利益を生むような働き口を見つけてやり、家畜の群れのごとく増やせる賢明な主人となるならば、黄金は勤勉に働いてくれるだろう。

三、 黄金の扱いに長けた人々の忠告のもとに黄金を投資するような慎重な主人であれば、黄金はその保護のもとから逃げようとはしないだろう。

四、 自分のよく知らない商売や目的、あるいは黄金を守ることに長けた人々が認めないような商売や目的に使われる黄金は、その人間から逃げてゆくことだろう。

五、 あり得ないような莫大な利益を生ませようとしたり、詐欺師の魅惑的な誘いに従ったり、あるいは自らの未熟で非現実的な欲望に頼ったりするような人間からは、黄金は逃げてゆくことだろう。

「バビロンの大富豪」で教えていることは、
とても単純なことですが、
今も昔も変わらない普遍的な知恵とは、
こういうシンプルなものなのだと思います。

現代では、消費の誘惑も多く、
投資も難しくなっている部分もあると思いますが、
いつの時代でも、やるべきことは一緒なんだと感じます。

古代から変わらない知恵ぜひ活かしていきましょう。